1月30日(水)、パキスタンへの衣類や毛布などのコンテナの送り出しを行ないました。

送り出しまでには、まず皆さまから寄せられた衣類などを選別(国内・パキスタン合わせて約260種)します。

それを50kgに圧縮梱包して、40フィートコンテナにつめこんでいきます。

当日は28名のボランティアの参加があり、皆さんで力を合わせ、15時半過ぎ満載になりました。

総量は23トン103キロでした。

横浜港を出港後、3月中旬にパキスタンのカラチに到着、学校の運営を支える事業グループが卸業者に販売し、その利益がアル・カイールアカデミーの運営を支えます。

JFSAの古着のリユース事業は、皆さまからの衣類や毛布が届いて、行なうことができます。

ただいま、衣類や毛布などの回収を行なっています。

衣類や毛布などの回収のページ

ご協力、どうぞよろしくお願いいたします。