古着のリサイクルでパキスタンのスラムの子どもを支援する海外支援、国際協力NGO

東日本大震災

  • HOME »
  • 東日本大震災

2011年3月11日に起きました東日本大震災を受けて、アル・カイールアカデミーから「お見舞いのお手紙」が届きましたので以下掲載いたします。

ムザヒル校長は、3月12日の午後の授業終了後に、7年生のクラスに於いて、11日に日本で起きた地震の事を生徒達に伝えました。
50人ほどいた生徒の中で、日本で地震が起きたことを知っていた生徒は僅か10人ほどでした。それは、スラムに住む彼らの家にテレビやラジオがないからです。
ムザヒル校長はJFSAやJFSAを通じて沢山の日本の人々がアル・カイールアカデミーの運営を15年以上の長い年月にわたって支援を続けていることあらためて生徒達に伝えました。
また、2005年に起きたパキスタン北部地震や昨年の夏に起きた洪水被災についてもアル・カイールアカデミーと共に被災民の支援を今も続けて行なってくれていることも話しました。
そして、その日本に昨日11日に大地震が発生し津波も起きて大きな被害を受け、沢山の人々が亡くなられたり行方不明になっていること、そして未だに余震が続き人々は不安な気持ちで過ごしている事を伝えました。
ムザヒル校長はこのような報告の最後に生徒達に「私達の国に災難が起こる度に私達と共に、災難に遭った人々を助けてくれた日本の人々は、私達にとって大事な人達です。君達の友人だと思って君達のできることを考えて日本の人の力になって下さい」と話し、生徒達と共に通常の礼拝ではなく、神様にお願いをするお祈り(ドア)を行なってくれました。

生徒達はお祈りの後、生徒全員がそれぞれ日本の人々に対して自分の思いを手紙に書いてくれました。以下、4通の手紙を紹介します。
(AKBG事務局カユーム氏と協力して翻訳しました)

●アル・カイールアカデミーの生徒たちより

○スヌビヤ・シャッビール・フセイン(7年生 女子12歳)
 私はアル・カイールアカデミーで学んでいる生徒です。地震の被害がとても大きかったと校長先生から聞きました。日本の地震の様子を聞いて、心が痛くなりました。
私は皆さんの心配を同じように感じていて、なぐさめを書くことが出来ないほど地震が起きたことを残念に思っています。私は皆さんのためにお祈りします。どうぞ、頑張って下さい。

○ザヘダ・ジャモシェール・アリ(7年生 女子13歳)
 アッサラームアレイクム! 私は、皆さんが地震の被害を受けたことをとても心配しています。皆さんは、私達が学ぶ事を助けてくれている友人です。だから、心配も一緒です。みなさんの困難はいつか遠のいて行くと思っています。皆さんは私達の学ぶ事の困難を解決してくれました。今度は私達が皆さんの困難を解決するために協力したいと思います。
津波で沢山の人が亡くなったと聞きました。私達は心からお祈りします。日本の皆さんの心配が遠のきますように。地震の前よりも良い暮らしが来ますように。

○ラーフェ・ワシーム(7年生 男子13歳)
 すべての心配と心の痛みは皆さんと一緒です。私は皆さんを助けたいと思っています。何故なら、皆さんは私達を長い間助けてきました。私達は皆さんのおかげで強くなりました。今度は皆さんの力になりたい。私達はお祈りします。皆さんが地震の前よりも強く生きられますようにと。

○ゼエアード・サヒード (7年生 男子13歳)
 日本の皆さん、アッサラームアレイクム! 私は、皆さんが地震によって大きな被害を受けられた事を校長先生に教えてもらいました。また、家にテレビのある友達からも津波のことや原子力発電所が爆発したことを聞きました。沢山の人が死んだり、家が壊れたりしたことも残念ですが、原子力発電所が爆発したために体に悪い事が起きると聞いてとても心配しています。私は、校長先生がおっしゃったように、私達を助けてくれている皆さんのことを友人だと思っています。だから、私達は皆さんと一緒です。私は希望しています。日本が地震の前よりも良くなることを。そして、神様にお祈りします。皆さんに起きたすべての困難が解決されますように。

●アル・カイールアカデミーより
私たちは、メディアを通して日本の人々が現在津波災害に見舞われ、破壊され荒れ果てた状況にあることを知り、とても悲しみ、心配しています。
私たちは皆、このことに胸を痛めており、刻一刻の状況を知るために終始テレビを見ています。
私たちのこれまでの長い関係によって、日本の人々は私たちにとりとても親しい存在であり、皆さんの苦痛や困難は私たちにも同様に感じられます。
私たちは、あなたたちが勇気を持ってこの苦境・耐え難い困難を乗り越え、生命、財産の損失に対して忍耐を持つことができるように、常に神に祈っています。
God help you.
敬具
アル・カイールアカデミーより

会報 号( )
ムザヒル校長、福島訪問。
支援金を渡す。

お気軽にお問合せください TEL 043-234-1206 受付時間 9時~19時(木曜定休)
Mail : jfsa@f3.dion.ne.jp

会員募集

JFSAの活動は会員の方々に支えられています(2017年度:17年10月~18年9月)
◆年会費
●正会員 個人:1口5千円/団体:1口5万円
●支援メンバー(賛助会員)個人:1口2千円
団体:1口1万円
◆郵便振替口座番号 00160-7-444198
◆加入者名 JFSA
→会員・支援の方には
JFSAの会報回収案内(年3回)、
サポーターグッズ(年1回)をお届けします

PAGETOP