5月12日(火)にJFSAから送り出したコンテナが、6月13日(土)にパキスタンのカラチ港に到着しました。

税関での手続きを終えた後、6月24日(水)に卸業者の倉庫に荷物がおろされたとアル・カイール事業グループのカユームさんより報告がありました。

コンテナから降ろされていく荷物

 

卸業者の倉庫の中につまれた衣類や毛布

 

短いですが、荷降ろしの様子を動画でもご覧ください。肩に担いでいる衣類などは1個50㎏です。

 

卸業者に販売した売上から関税や海上運賃などを差し引いた利益が学校の運営資金になります。衣類などをお寄せいただいた皆さま、ありがとうございます。

衣類・毛布などの回収は7月31日(金)まで引き続き行なっています。

ご家庭に眠っている衣類、毛布、バッグなどがございましたら、どうぞお寄せください。